プラント工事を専門に扱うエンジニアとして働くには


施工管理のスキルや資格が必要となることがある

プラント工事を専門に扱うエンジニアとしてメーカーや工務店などに就職をするには、施工管理のスキルや実務経験、業務に関する資格などが必要となることがあります。特に、数少ないエンジニアが仕事を回している現場においては、即戦力として活躍が見込まれるエンジニアが重宝される傾向が見られます。そうした中、将来的に一人前にプラント工事を担当したい人は、工業系の分野を専門に学ぶことができる大学や専門学校を卒業したり、社会的に高く評価されている施工管理の資格取得を目指したりすることがおすすめです。また、就職後に順調にスキルアップを図るうえで、数ある企業の中でも若年層のエンジニアに対して丁寧な教育を行っているところを勤務先に選ぶことがポイントです。

プラントの経験が豊富な人はエージェントを利用しよう

長年にわたりプラント工事に作業員として携わったり、現場監督を務めたりしたことがある人は、給料や仕事内容にこだわって転職ができる可能性が大いにあります。また、希望条件に合う企業の求人を効率良くチェックするうえで、転職活動に励んでいる求職者へのサポートが充実しているエージェントの利用を検討するのも良いでしょう。

最近では、大手のエージェントをはじめとして、五年から十年程度のプラント工事の経験者を対象に通常の求人よりも待遇が良い非公開求人の応募を提案したり、ヘッドハンティングのポイントについてアドバイスをしたりしているところも少なくありません。そのため、転職後にやりがいを感じながらプラントの仕事を続けるために、余裕を持って各地のエージェントのサポートの良し悪しを比較してみるのがおすすめです。

プラントの求人は、国内や海外の生産工場での実務経験がある人や、機械工学など理系分野の大学院で学位を取得した人を対象としたものが多く見られます。